iPhoneの修理を依頼する前に知っておくと有利な予備知識のまとめ

iPhoneの修理を依頼する前に知っておくと有利な予備知識のまとめ 

iPhoneはスマートフォンでも人気のある機種です。そんなiPhoneですが道具ですので利用していればトラブルになることもあります。メーカーであるApple社やApple公認正規代理店で修理するのが一般的でしょう。しかし、最近は非正規店のiPhone修理業者もたくさんあります。
 
それには大きくわけて3つの理由があります。

⑴「スピードの違い」です。
軽いガラス割れならばAppleストアやApple正規代理店に持ち込めば短時間で修理してくれるようになっています。それでも最短で数時間、込んでいれば数日かかります。とりわけApple公認正規代理店はとても混んでいますから待ち時間が長い傾向にあります。 
ですが非正規代理店ならば、他のお客さまとのバッティングがなければ30分以内で修理ができています。便利なiPhoneですから、ちょっとでも手元にないと不便なのです。トラブルになって、すぐにiPhoneを修理したいならば、非正規代理店のiPhone修理業者に相談するといいでしょう。
 
⑵「価格の安さ」です。
単純に料金が安い業者がいいのではありません。iPhone修理業者を紹介してくれるランキングサイトやクチコミ情報サイトを見るといいです。お客さまの満足度や生きた声を掲載してくれているところは参考になります。
 
あまりにも安すぎるiPhone修理業者は注意が必要です。評判の悪い業者の情報はさまざまなところで精査すればわかります。iPhone修理業界全体の修理料金は安くなっているのは、店舗間で価格競争が起こっているからです。それだけApple非公認の非正規修理業者が激増しているのです。
 
iPhoneの機種によっても違いますが、中にはバッテリー交換やパネル交換が数千円でできたりもします。一方のAppleストアや正規代理店の場合はAppleCare+を利用できる場合の料金は安いですが、毎月の料金が発生します。ディスプレイが割れなければ無駄なお金を出費しているだけになります。
 
⑶「データ残存率の違い」です。
Appleストアや正規代理店の場合は警備な故障については修理で対応してくれます。ですが基本的には端末の交換による対応になります。これはデータがすべて消えてしまうことを意味するのです。連絡先や写真も全てです。
 
非正規のiPhone修理業者の場合は電源が入る限りデータが消えることはまずありません。それでもバックアップは必要です。データが消えないのはパーツオンリーの交換だからです。端末がごっそりと入れ替わることはありません。基盤さえ生きていればデータが維持できるのです。これは、とっても大きいところです。
 
 
■iPhone修理をすれば100パーセント治るのでしょうか?
 
それは断言できません。精密機械ですから完璧に治るのは難しいのですが修復率を高めることは可能でしょう。悪質業者/悪徳業者の場合はクオリティーが低いパーツを使うことがあります。また、経験値が少ないスタッフが担当することも多いですから、治る確率は低くなりますし、ユーザーは「治りません!」と言われれば、それを承諾するしかありません。
 
私達は100パーセント治るわけではないことを覚悟するべきでしょう。そして、トラブルを持ったiPhoneを修理に出す前に、電源が入って動作するならばデータをバックアップとっておきましょう。iPhone修理業者の場合は、パーツごとの入れ替え修理ですからデータは基本的には消えません。ですが念には念をとっておくことは大事ですし、無駄にはなりません。
 
 
iPhoneに限ったことはないですが、カメラや時計などの精密機器を修理する場合に初期不良はありがちです。初期不良の大部分は修理技術的な問題ではなくて、パーツの不良が原因になっています。パーツを取り替えることで治ることが多いのですが、その場合の説明がちゃんとできるかどうかで、私達の安心度は大きく違います。騙そうとして、曖昧で納得できない説明しかできない業者は信頼できません。体験談などを参考にすれば悪質業者/悪徳業者かどうかわかるでしょう。
 
初期不良が発生した場合の保証もあるのかどうかも確認しておきましょう。もちろん初期不良がでた場合に無償で対応してくれるiPhone修理業者を選ぶべきです。保証がついていない場合は、もう一度修理代金を支払う必要があります。

アイホン修理なら札幌のアイフォンクリア

アイフォン修理なら札幌のアイフォンクリア

iPhone修理なら札幌のアイフォンクリア